HOME>注目記事>どんな事が学べるのか等という事を色々知っておこう

具体的にどんな学校なのか

バリスタ

美味しいコーヒーを多くの人に提供したい等と、バリスタを目指す人は年々増加傾向にあります。コーヒーのプロとして好きな事を仕事に出来る事はもちろん、家でコーヒーを楽しむ際にもその知識が役に立ちます。バリスタとして働くために定められた資格は必要ありませんが、最近ではバリスタスクール等に通い、専門的な知識を学びたいという人が多いようです。その理由には色々とありますが、コーヒーの事以外も幅広く学べるという事が人気の理由となっています。特に多いのが、独立して自身の店を出したいという人向けの経営に関する事が学べるという所です。財務処理や税金の処理、さらにはマーケティングの事まで経営に関するあらゆる事が学べる所が多くなりました。もちろん、独立開業を考えていなくともそうした知識は役に立つため、社内での好待遇を求めてスクールに通うという人も少なくありません。

盛り上がりを見せるバリスタスクール業界ですが、具体的にどんな所が多くなっているのでしょうか。最近多いのが、開業と就職、どちらの道へ進む人でも大丈夫なスクールです。特に、バリスタとして活躍したいが独立したいか勤めたいかという事が決まっていないという人が、そこのカリキュラムを経て決断するという事が多い傾向にあります。また、授業等に動画を用いて、視覚的にも分かりやすい教材を利用している所も多いようです。コーヒーの淹れ方等をレクチャーする時に文字だけでなく、プロの動画を用いる事により、実践的なカリキュラムを提供してくれています。

そこならではの個性を色濃く出している所が多いのも、最近のバリスタスクールの特徴でもあります。独立開業を考える人向けのコーヒーに合うフードメニューの作り方や、SNSを活用した広告方法やマーケティングリサーチ方法の学習等、様々な知識が身に付きます。各スクールに共通する事が、いかにして自分の作ったコーヒーを多くの人に届けられるかという事を学ぶという事です。いくら高い技術で淹れられた最上級のコーヒーを用意しても、それを知ってもらわなければ意味がありません。また、店舗の内装や接客等が良くなければ、満足してもらえない可能性もあります。広い視野を身に付けてもらうという事が、各スクール共通の願いです。